スポンサーリンク

Indiegogoで初ジンバルになるATOM Standard Packに出資してみた。

アクセサリー

こんにちは6(@6gadgets)です。

以前から動画撮影用にジンバル欲しいなあと思っていたのですが、「そんなに使わないかな」「結構高いな」と、なかなか買えずにいました。

今回、クラウドファンディングのIndiegogoで『ATOM:A pocket -sized 3-axis smartphone gimbal』という気になるジンバルがあったので、出資してみました。

ジンバルとは

ジンバル(英: Gimbal)は、1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種である。 軸が直交するようにジンバルを設置すると、内側のジンバルに載せられたロータの向きを常に一定に保つことができる。

ジンバルを使えば、カメラを一定の向きに保ち、揺れや傾きを軽減できるので、見やすい映像が撮影できるようになるということです。

出資したジンバル

『ATOM:A pocket -sized 3-axis smartphone gimbal』

ATOM: A pocket-sized 3-axis smartphone gimbal
Super portable, wireless charging, 310g payload, mic jack, one-key switch, zoom and focus control | Check out 'ATOM: A pocket-sized 3-axis smartphone gimbal' on...

出資の決め手

手頃な価格

出資したタイミングでは、59ドルのSuper Early Birdは売り切れだったので、79ドルのEarly Birdで出資しました。
日本までの送料が別途22ドル掛かりますが、合計101ドル(約11,500円)と手頃な価格です。

コンパクトな本体

持ち歩くことを考えると大きくて重いと使わない可能性があるので、サイズ感は結構重要なポイント。

折り畳むと、スマホサイズになるのは良いですね。

長い駆動時間

24h使えるようです。内蔵電池は2,000mAhあります。

ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電に対応しているので、充電しながら撮影出来るのも良いですね。

ファンクションボタンも充実

縦横撮影のワンタッチ切替

撮影の大半は横画面を利用すると思いますが、ボタン一つで自動で縦横の切り替えが出来るようです。

まとめ

ジンバルは多くのメーカーから発売されていますが、価格が高い物も少なくありません。
『ATOM:A pocket -sized 3-axis smartphone gimbal』は、価格面、機能面からも入門用におすすめな商品ではないでしょうか。

ただ、クラウドファンディングの商品出荷予定は、普通に遅延します。現時点では11月予定ですが、年内に届いたらラッキーぐらいの感覚で気長に待ってみます。

ちなみに今年の2月に出資した『IDMIX mint8000』は4月予定が7月到着、『Plux』は、4月予定が8月到着でした。

【レビュー】やっと届いたidmix Power Mint 8000 | 期待通りの最強モバイルバッテリー
こんにちは6(@6gadgets)です。 2月にindiegogoで出資した最強のモバイルバッテリーが遂に届きました。 出資時の商品名は『IDMIX:World's Fastest Wireless PowerB...
【レビュー】AirPower風の充電器『Plux』がやっと届いた
こんにちは6(@6gadgets)です。 2月にindiegogoで出資したAirPower風の充電器『Plux』がやっと届きました。 開封の儀 7/28に発送連絡があり8/11に受け取りました。 ▼こんな感じの簡易...