スポンサーリンク

グリップエクステンション(GP-X1EM)とPeak Designのキャプチャープレートの共存は可能だが注意が必要

カメラ

こんにちは6(@6gadgets)です。

α7 IIIの購入以降、Peak Design沼にどっぷりはまっていますが、グリップエクステンションとキャプチャーの共存が出来ないか調べて、試した結果を備忘録として残しておきます。

結論

先に結論を書いておきます。

グリップエクステンションを多少カスタマイズする事で

グリップエクステンションとプレートは共存出来るが、キャプチャーとは共存出来ません。

▼グリップエクステンションとキャプチャープレートを装着した状態。

▼分かり難いですが、キャプチャーとグリップが干渉してしまいます・・・

プレートはアルカスイス互換になっており、グリップエクステンションを付けたまま三脚を使う事は可能になるので、改造する意味はあると思います。

私は、

  1. グリップエクステンションで小指余り解消
  2. キャプチャーも使える
  3. 三脚も使える

の3項目を解決したかったのですが、2がNGと分かり泣く泣く元に戻しました。
※現在は、キャプチャーを使う為、プレートを装着しています。

バッテリーカバーにグリップ付いたオプションカバーとかあればいいんですけどね。

きっかけ

SONYの縦グリップを購入したところ、装着したままでは、愛用していたPeak DesignのEveryday Slingに入らなかったので、Everyday BackPack 20Lを購入しました。

【レビュー】Peak Design Everyday Slingはデザインと機能性に優れた超おすすめのカメラバッグ。5Lと10L比較で悩んだら両方買うのが正解
こんにちは6(@6gadgets)です。 以前「レンズ沼ならぬPeak Design(ピークデザイン)沼にハマる」という記事も書いたとおり、絶賛PeakDesign沼にハマっております。 今回はPeak Designのカメラバッ...


Slingも素晴らしいですが、Everyday BackPackも素晴らしいです。最高!!

が、縦グリップは重すぎて、買って1カ月も経たずに売却してしまいました。

Everyday Slingを使っている時は、特に欲しいと思わなかったCaptureがEveryday BackPackを使うと急に欲しくなり買ってしましいました。

キャプチャーも素晴らしいです。

その結果、最近はEveryday BackPackばかり使っています。

困ったこと

α7 IIIをタムロンの28-75を付けると重量的にエクステンショングリップが欲しくなります。
キャプチャーを使う為のプレートを付けるとエクステンショングリップが使えず、どちらかを選ぶしかない状態でした。

参考にしたサイト

グリップエクステンションとキャプチャーの共存が出来ないか調べていたところ、↓の記事を発見し、早速試してみることにしました!!

SONYグリップエクステンションのカスタム(GP-X1EM)
PeakDesignキャプチャープレート 去年からカメラにはPeakDesignのキャプチャープレートをとりつけて運用していました。 キャプチャープレートはPeakDesignのストラップやキャプチャーと連携するためのアダプターですが、arca-swiss規格でもあるので、三脚を使うときにもとても便利です。 PeakD...

買った物

  1. Eリングを外す為の精密ドライバー
  2. D字型リング(16×21mm)
  3. M6チタンワッシャー

全部で1,700円位でした。

2と3はホームセンターでバラ売りを探そうとしましたが、店舗に行って無かったら時間が無駄になるのと節約出来る金額も少額でAmazonプライムなら送料無料なので、探すのやめてポチりました。

苦戦したこと

参考にしたサイトにもありましたが、Eリングを外すのは結構苦戦しました。

▼Eリング外す前

▼Eリング外した後

カスタマイズ

グリップエクステンションのプレートが当たる所の擦れ対策で、メンディングテープを貼ってから作業をしました。


Eリングは付ける場所が無かったので、ネジを完全に緩めると全てのパーツがバラバラになる可能性あるので注意。

パーツの構成は、

  1. グリップエクステンション
  2. プレート
  3. ワッシャー
  4. スプリング
  5. D字型リング

の順番になっています。

D字型リングは手で絞めることも可能ですが、プレートが緩んでキャプチャーから落下するのが怖いのでコインでしっかり絞めました。
※この時キャプチャーが使えない事を知らずに一生懸命ネジを絞めてました。

装着後の外観

プレート分の高さでグリップエクステンション単体よりも置いた時の安定感(傾き)は良くなりました。

まとめ

冒頭にも書いた通り、グリップエクステンションとキャプチャーの共存は出来ませんが、

プレートはアルカスイス互換になっており、エクステンショングリップを付けたまま三脚を使う事は可能になるので、改造する意味はあると思います。

残念ながら私はキャプチャーを利用したかったので、購入したD字型リング、ワッシャーは無駄になってしまいました。

もし1個だけ欲しいという方がいれば、メルカリとか匿名配送出来る所で手数料、送料だけ負担頂ければお譲りします。
興味ある方はTwitterからDMください。